ショウガ 植物

ショウガ.jpg単子葉植物で多年草 ショウガ科に属します。

原産国はインドで田畑で育ちます。
丈は60〜90cm、7〜9月に結実します。
花期は不定期です。
高温、多湿、日当たりのよいところを好み、乾燥すると塊茎が大きくなりません。また、低温(10℃以下)では塊茎が腐りやすくなります。
種ショウガの貯蔵には低温の注意が必要です。

品種・・
小ショウガ 金時、谷中
中ショウガ 三州、近江
大ショウガ 印度、おたふく・・があります。

日本では古く平安時代から栽培されていたようで、東南アジアやヨーロッパではさらに古くから栽培されていたようです。
関東では生で食べられる「谷中ショウガ」がつくられています。
花は暖かい地方でごくたまに咲きますが果実はつけません。


メラチェ  寝るだけで爆乳効果

ショウガの効能

ショウガは昔から体内から体を温める生薬として知られます。
すりおろす手間が面倒で、手軽には食べられませんでした。

生薬
根茎は漢方薬の生姜(しょうきょう)と呼ばれます。
発散作用、健胃作用、鎮吐作用があるとされます。
他の生薬の副作用をやわらげる働きがあるともされていて、漢方薬には多数配合されているようです。

乾姜(かんきょう)または乾生姜(かんしょうきょう)
表面の皮を取り、蒸して乾燥させたもの。
興奮・強壮・健胃作用があるとされます。

単に根茎を生姜(しょうきょう)とし、乾姜(乾生姜)と区別しない見方もあります(日本薬局方)が、生姜をショウガの生の根茎の意味とする場合もあるようです。どちらにせよ昔からショウガを加えた葛湯は、身体を温めて、免疫力を高めるため、風邪の民間療法によく用いられたようです。

ブライス 画像と価格ランキング

健康食品とサプリメント

健康食品(けんこうしょくひん)
「健康を維持し、増進する効果が期待できる」とされている食品のことで、機能性食品とも呼ばれます。

一般的に、健康食品の形態は通常の飲食物の同様であるか、錠剤や粉末、カプセルなど医薬品に似せた形のものが多く、栄養素(ビタミンなど)や動植物の抽出物を補給するものは「サプリメント」と呼ばれています。

薬事法及び食品衛生法では、全て口に入るものは、医薬品と食品とに分類されます。

健康食品には、科学的根拠のないもの、あるものが混在し、科学的根拠があっても保健機能食品でなければ、これを表示すれば薬事法違反となるため表示できません。
このため、健康食品は効能を連想させるような曖昧な表現にならざるを得ないというわけです。
当然やチラシ刊行物でも効能効果の表示は許されていません。

健康食品の効能は、公的な検証(確認)を経ていないため、消費者側が客観的に評価、検証しなければならないようです。

生薬の取り扱いとして、日本では在来の生薬(漢方などで用いられる)の一部が医薬品として認められています。
アメリカでは西洋ハーブはサプリメントとして認められ、EUでは医薬品(ハーバルメディスン)として流通していますが、日本では健康食品として流通しています。


フランクウィーンセンス クチコミ

保健機能食品と栄養機能食品

有効性や安全性等、国の設定した基準を満たした健康食品を保健機能食品といい、食品の品質を見極める時に評価基準の一つとすることが出来ます。
特定保健用食品のマークが付けられます。

保健機能食品は健康増進法及び食品衛生法により定義され、特定保健用食品と栄養機能食品の2つに分けられます。

実験データに基づいて審査を受け、健康に対する効能効果を表示することを厚生労働省から認可された食品を特定保健用食品といいます。
「トクホ」「特保」ともいわれ、特別用途食品に含まれます。
個別に実験データを提出し審査を受け許可された成分と表示内容の商品
キシリトール - 「虫歯の原因になりにくい食品です」
ラクトトリペプチド - 「血圧が高めの方に適する食品です」
ジアシルグリセロール - 「体脂肪が体につきにくい食品です」
個別審査なしで許可をうけることができる規格基準型特定保健用食品もあります。

栄養機能食品とは・・
食生活の変化等の理由により、不足しがちな栄養成分の補給を目的とした食品。2001年に導入されました。
特定の栄養素を厚生労働省の設定した基準を含んでいれば、表示が許可されます。
(許可の対象となる栄養成分)
水溶性ビタミン - ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸、葉酸
脂溶性ビタミン - ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE
ミネラル - カルシウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛

おしゃれなヒールスニーカーのレビューとランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。