保健機能食品と栄養機能食品

有効性や安全性等、国の設定した基準を満たした健康食品を保健機能食品といい、食品の品質を見極める時に評価基準の一つとすることが出来ます。
特定保健用食品のマークが付けられます。

保健機能食品は健康増進法及び食品衛生法により定義され、特定保健用食品と栄養機能食品の2つに分けられます。

実験データに基づいて審査を受け、健康に対する効能効果を表示することを厚生労働省から認可された食品を特定保健用食品といいます。
「トクホ」「特保」ともいわれ、特別用途食品に含まれます。
個別に実験データを提出し審査を受け許可された成分と表示内容の商品
キシリトール - 「虫歯の原因になりにくい食品です」
ラクトトリペプチド - 「血圧が高めの方に適する食品です」
ジアシルグリセロール - 「体脂肪が体につきにくい食品です」
個別審査なしで許可をうけることができる規格基準型特定保健用食品もあります。

栄養機能食品とは・・
食生活の変化等の理由により、不足しがちな栄養成分の補給を目的とした食品。2001年に導入されました。
特定の栄養素を厚生労働省の設定した基準を含んでいれば、表示が許可されます。
(許可の対象となる栄養成分)
水溶性ビタミン - ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸、葉酸
脂溶性ビタミン - ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE
ミネラル - カルシウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛

おしゃれなヒールスニーカーのレビューとランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。