健康食品とサプリメント

健康食品(けんこうしょくひん)
「健康を維持し、増進する効果が期待できる」とされている食品のことで、機能性食品とも呼ばれます。

一般的に、健康食品の形態は通常の飲食物の同様であるか、錠剤や粉末、カプセルなど医薬品に似せた形のものが多く、栄養素(ビタミンなど)や動植物の抽出物を補給するものは「サプリメント」と呼ばれています。

薬事法及び食品衛生法では、全て口に入るものは、医薬品と食品とに分類されます。

健康食品には、科学的根拠のないもの、あるものが混在し、科学的根拠があっても保健機能食品でなければ、これを表示すれば薬事法違反となるため表示できません。
このため、健康食品は効能を連想させるような曖昧な表現にならざるを得ないというわけです。
当然やチラシ刊行物でも効能効果の表示は許されていません。

健康食品の効能は、公的な検証(確認)を経ていないため、消費者側が客観的に評価、検証しなければならないようです。

生薬の取り扱いとして、日本では在来の生薬(漢方などで用いられる)の一部が医薬品として認められています。
アメリカでは西洋ハーブはサプリメントとして認められ、EUでは医薬品(ハーバルメディスン)として流通していますが、日本では健康食品として流通しています。


フランクウィーンセンス クチコミ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80078618

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。